ホーム > メールマガジン > 2005/10/10 No.193

2005/10/10 No.193

メールマガジン『21CENTURY PEACE MAKER 』 第193号

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
  ▲ 堺・大阪から世界を変える!!    △
  前大阪府議会議員   森山浩行
△   メールマガジン           ▲
    『21CENTURY PEACE MAKER 』
 ▼             第193号△
  △▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
●堺市長選挙から1週間●
「完全無所属」森山自身が
府議会議員現職をなげうち、
唯一マニフェストを掲げて選択肢となった
10月2日の堺市長選挙は32%という低投票率の中、
「55028」票のご支援をいただきながら
現職再選という結果となりました。
申し訳ない気持ちでいっぱいです。

http://www.h-moriyama.jp/mayor2005/index.html●いくつかの総括●

<メールください!>
(1)市長選挙について
(2)堺市について
(3)政治家・森山浩行について
↑この選挙の「総括」をするにあたり、皆様のご意見
メールいただければ幸いです。
ここでは森山自身が感じているいくつかの問題を挙げます。
▼低投票率
 「史上最低」の投票率であった今回の反省は
 「総選挙疲れ」「まつり」などの
 外的要因があったとしても やはり市民の意識に
 「堺を変えたい」という強い気持ちを
 もっと起こさなければならないという
 課題が浮かび上がりました。
▼「マニフェスト(政権公約)」選挙
 従来の「オール与党VS共産党」の構図に
 唯一「マニフェスト」を掲げて完全無所属の森山が
 実質的な選択肢を提示したために低投票率でありながら
 「55年体制」を崩したこと。
 これは公職選挙法の問題でもありますが「配布禁止」など
 のハードルをこえなければ!
 ホームページだけでは限界もあります。
 何と、市議会議員さんでさえ「読んでいない」人がおられました。
 http://www.h-moriyama.jp/manifesto-sakai/index.html
▼「天下り」官僚市長体制の打破
 「堺で生まれ育った」「市議・府議経験あり」の
 34歳・森山は
 現職を含め20年以上も続く「天下り」官僚市長体制は
 本人のキャラクター以上に構造的問題があり、
 「堺の改革」をどこまで推進できるか、を問いました。
 これについては「堺で生まれ育った」市長誕生には
 至りませんでしたが、現職が「全投票者」の半分以下の支持しか
 ない結果をみても1期目とは違った運営が求められています。
 「慎重に、大胆に」2期目の運営をしていただけることを期待します。
 
◆この1週間◆
はじめてからまもなく7年の「駅頭早朝配布」。
市議会・府議会の報告を印刷して配布してきましたが
今週いつもの5駅「光明池・栂美木多
・七道・堺東・泉ヶ丘」で早朝演説。
たくさんの激励やアイコンタクトに、力をいただきました。
また電話やお目にかかっての「激励」にも使命感が燃えます。
多くの皆様の期待を受けてのたたかいに敗れた申し訳なさと
体力、身体的には極限まで疲労しましたが
多くの皆様の「おもい」で精神を奮起させています。
「政治家森山浩行どうあるべきか」
反省と総括をしながら、じっくり腰をすえて考えます。
※公職選挙法の関係で「お礼」のご挨拶はできません。
 申し訳ありませんがご理解ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
読者数:現在295人
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●編集:森山浩行 ●発行:森山浩行
⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒
■森山ひろゆきHP(日々更新!「日経ゼロワン」でも紹介)

http://h-moriyama.jp

■森山ひろゆきメールマガジンへ
 ご意見・ご質問・ご感想はこちら:
info@h-moriyama.jp
⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒
いただいたメールは許可なく投稿者をイニシャル表示して
掲載することがあります。
掲載を希望されない場合はその旨書き添えてください。
⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒
当レポートに掲載された記事は自由に転載・再配布できます。
但し、、記事の一部を取り出したり改変しての転載を禁じます。
Copyright(C)2001 森山ひろゆき All rights reserved.
================================================