ホーム > メールマガジン > 2005/05/20 No.184

2005/05/20 No.184

メールマガジン『21CENTURY PEACE MAKER 』 第184号

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
▲ 堺・大阪から世界を変える!!    △
  大阪府議会議員   森山ひろゆき
△   メールマガジン          ▲
     『21CENTURY PEACE MAKER 』
 ▼             第184号△
  △▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<ブログ日々更新中!>

http://blogs.yahoo.co.jp/moriyamahiroyuki0408/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
4月から開始したブログ、少しづつ充実し始めています。
「毎日」書くのは大変ですが、モバイルもふくめて
工夫してゆきます。是非ごらんください。
◆5月議会開会中。◆
さきほど、「開会」の本会議が散会しました。
新任者紹介として竹山議会事務局長、三輪副知事、
藤原出納長ら特別職、部長職理事者の紹介があり、
太田知事はJR西日本の事故から「社会のゆるみ」
と府庁のゆるみへの警戒、
「関西サミット誘致委員会」の発足についての演説と
提出議案概要について演説。およそ30分弱で散会。
今回の会議日程(公式)予定は、
24日(火) 午後1時~ 本会議(一般質問)
25日(水) 午後1時~ 本会議(一般質問)
30日(月) 午後1時~ 本会議(閉会)
※会期末は30日の予定ですが、開会中は非公式をふくめ
 多数の会議が開催されます。
 さまざまな会合もありますが、
 急に行けなくなることもあります。
 また、連絡もつきにくく、ご迷惑をおかけしますが、
 よろしくおねがいします。

●「やらされる」仕事の限界●
太田知事が「ゆるみ」という表現を引用された
JR西日本の事故。心から犠牲者の皆様のご冥福をお祈りします。
この事故で私の中ではハッキリしたことがあります。
それは「やらされる」仕事の限界。
これまでのピラミッド型社会では仕事は「上から下」
に流れ、それぞれの役割の人たちの帰属意識と士気(モラル)で
なんとか仕事の「質」が確保されてきたところがあります。
しかし、「転職」が一般化し、組織のために働いても
訴えられるのは個人、「組織は守ってくれない」ことが
一般化することによってよくもわるくも組織への帰属意識が
下がっています。
ネットワーク型社会では個人の良心に根ざした
「内部告発」が常態化して組織ぐるみの犯罪が減ってくる一方、
組織や「やらされる」仕事の質が落ちる欠点があります。
そこに意義を見出し、自主的にリーダーシップをとって
物事を進めていく、そんな形でしか仕事の質を確保することは
できないのだという確信。
これは「情報公開・市民参画」を訴えて政治家になったときから
おぼろげに意識してきたことですが、政治や社会・ビジネスから
NPO、まつり、学校、まちづくりといった活動にいたるまで
全部にあてはまるのだ、というのが事件以後確信にいたった
ことです。
それを自治体にあてはめれば「地域主権」「協働」
「情報公開」などになり、教育の現場でもいかされることとして
「タテマエでなく真実を教え、自分を出すこと」を
教えなければいけない!
・・・と考えています。━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
読者数:現在279人
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●編集:森山ひろゆき ●発行:森山ひろゆき
⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒
■森山ひろゆきHP(日々更新!「日経ゼロワン」でも紹介)

http://h-moriyama.jp

■森山ひろゆきメールマガジンへ
 ご意見・ご質問・ご感想はこちら:
hiromomo@osk3.3web.ne.jp
⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒
いただいたメールは許可なく投稿者をイニシャル表示して
掲載することがあります。
掲載を希望されない場合はその旨書き添えてください。
⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒
当レポートに掲載された記事は自由に転m載・再配布できます。
但し、、記事の一部を取り出したり改変しての転載を禁じます。
Copyright(C)2001 森山ひろゆき All rights reserved.
================================================
このマガジンは  まぐまぐ http://www.mag2.com
(ID 55347)を利用して発行しています。
=================================================