ホーム > メールマガジン > 2004/04/30 No.154

2004/04/30 No.154

メールマガジン『21CENTURY PEACE MAKER 』 第154号

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
▲ 堺・大阪から世界を変える!!    △
  大阪府議会議員   森山ひろゆき
△   メールマガジン          ▲
     『21CENTURY PEACE MAKER 』
 ▼             第154号△
  △▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
●新会派・「主権おおさか」結成●
府議会議員の議席をあずかってまる1年、
森山は「地方主権の時代の受け皿に」と
無所属議員の大同団結を目指して活動してきたが、
本日16時付けで旧「さわやか大阪」4人全員と
旧「無所属府民クラブ」6人で10人の交渉会派
「主権おおさか」を結成。
5期と3期の議員1名づつ、あとは1期・2期の
「若い」会派(平均年齢は49歳台)。
<新・会派構成>
自由民主党      41
民主党・無所属ネット 25
公明党        23
主権おおさか     10
共産党         9
社民党         2
富田林市民クラブ    1
中央区民クラブ     1
 
◆資料:「大阪府議会 主権おおさか」のめざすもの◆
 我々は、しがらみのない政治で 府民との信頼関係を取り戻すと共に
決して批判にとどまることなく 前向きな提案と議論を通じて
それぞれの人がお互いの個性を尊重し 努力が報われる社会や制度、
未来に向かって環境・財政など、持続可能な社会の創造を目指す。
また「関西オンリーワン」の視点に立ち、
文化・伝統を育みながら新しい芽を育てる。
◆資料:「大阪府議会 主権おおさか」の重点取り組み課題◆
1.政治への信頼を取り戻す!<政治改革>
利権や口利き、一部の組織や団体のための政治によって
現在根深く広がる政治不信を払拭し、あきらめムードの
府民との信頼関係を再構築することが政治・行政改革への第一歩。
880万府民全体 の代表として行動し、府民益を追求する。
2.地方主権の実現<自立と責任>
中央集権の歪みが指摘されて久しいが、「補助金と権限・財源」の
本来のあり方を見直し、国との 関係、市町村との関係など、
これまでの枠組みにとらわれず府民のための「地方主権」を実現する。
また災害や感染症・犯罪などへの危機管理のできる
まちづくりを推進するとともに、それぞれの人の個性をお互いが
尊重して自己実現への努力が報われる社会を目指す。
3.未来への責任<持続可能な社会へ>
財政・地球環境など放置しておくと更に悪化する
根本問題について「持続可能な社会づくり」をキーワードに
財政・環境・教育・福祉などあらゆる分野で総合的な
改革へのプログラムづくりと実行を強力に推し進め、
「大阪再生」を目指す。

4.大阪発・日本再生<まずは関西の連携へ>
大阪の問題は全国の地方自治体、特に関西近隣府県が抱える諸問題と
共通することが多い。上記の改革を推進しながら
各自治体の議会や都道府県庁と連携をとり、「日本再生」につなげる。
5.説明責任<政治家としての責任>
府民全体の代表者としてあらゆる意味で
説明責任(アカウンタビリティ)を果たす。
●「会派」●
「会派」は議会内でのグループ。
「政党」は社会全体のグループ。
無所属議員が集まり、「府民益」へ!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
読者数:現在288人
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●編集:森山ひろゆき ●発行:森山ひろゆき
⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒
■森山ひろゆきHP(日々更新!「日経ゼロワン」でも紹介)

http://h-moriyama.jp

■森山ひろゆきメールマガジンへ
 ご意見・ご質問・ご感想はこちら:
hiromomo@osk3.3web.ne.jp
⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒
いただいたメールは許可なく投稿者をイニシャル表示して
掲載することがあります。
掲載を希望されない場合はその旨書き添えてください。
⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒
当レポートに掲載された記事は自由に転載・再配布できます。
但し、、記事の一部を取り出したり改変しての転載を禁じます。
Copyright(C)2001 森山ひろゆき All rights reserved.
================================================
このマガジンは  まぐまぐ http://www.mag2.com
(ID 55347)を利用して発行しています。
=================================================