ホーム > メールマガジン > 2004/04/23 No.152

2004/04/23 No.152

メールマガジン『21CENTURY PEACE MAKER 』 第152号

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
 ▲ 堺・大阪から世界を変える!!    △
  大阪府議会議員   森山ひろゆき
△   メールマガジン          ▲
     『21CENTURY PEACE MAKER 』
 ▼             第152号△
  △▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
●協働やねん ECO都市大阪●
18日、表記のシンポジウムに
「止めたるねん!地球温暖化」パネリスト出演。
「大阪府民環境会議」がNPO取得記念で開催。
大阪府内の環境NPOのネットワークでつくったNPOで、
行政との協働をテーマに活動。
「行政との対立」か「行政の下請け」か!という
これまでの関係を超えて「協働」を環境分野で
実現しようというこの試みは注目。
おりしも21世紀になって環境庁が環境省に衣替え、
大阪府環境農林水産部にも「地球環境グループ」
ができ、堺市にも「環境共生部」ができるという
行政機構の改革がすすむなかで、市民の側からの
アプローチも変わってゆく必要がある。
「環境オタク」ではなくて「みんなの常識」を
つくりあげてゆく、裾野の広さが鍵になる。
「子ども達に胸を張ってこの社会を譲り渡す」
ために政治家をしている森山にとっても中心課題。
25日にはOBPで「アースデイ」が行われる。
●野中元官房長官講演●
一時期「権力そのもの」として連日マスコミに
姿をあらわしていた「野中広務元官房長官」。
府議会・無所属府民クラブの招待で昨日講演会。
町議・町長・府議・副知事を経て衆議院議員を
つとめた野中氏は「全部わかっている」ことが
強みだと思われるが、それに加えて「信念を貫く」
さまを講演で感じさせられた。
※具体的事例は新著「老兵は死なず」にあり。
「次の世代にどんな社会を残すのか」
決して、政治家だけの課題ではない。
●堺大魚夜市●
現在「実行委員会」立ち上げ準備中。
堺市、大阪府、警察、自治連合会、商工会議所をはじめ
関係各所や中心になる青年会議所内の準備など、
大きな祭りだけに関係する人が多い。
今年が復活して23回目、
「大和川つけかえ300周年」の御渡り復活なども
含めて7月31日、堺が「あつい」。
できるだけ多くの市民や団体で力をあわせてつくりあげるべく、
26日(月)堺市新庁舎3階大会議室で
実行委員説明会&第1回実行委員会。
多くのご参加を!
◆あす◆
24日(土)午前10時~
泉ヶ丘駅前・ビッグアイにて
「森山ひろゆきマンスリーミーティング」。
どなたでも参加できます。
お誘いあわせの上、どうぞ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
読者数:現在288人
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●編集:森山ひろゆき ●発行:森山ひろゆき
⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒
■森山ひろゆきHP(日々更新!「日経ゼロワン」でも紹介)

http://h-moriyama.jp

■森山ひろゆきメールマガジンへ
 ご意見・ご質問・ご感想はこちら:
hiromomo@osk3.3web.ne.jp
⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒
いただいたメールは許可なく投稿者をイニシャル表示して
掲載することがあります。
掲載を希望されない場合はその旨書き添えてください。
⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒
当レポートに掲載された記事は自由に転載・再配布できます。
但し、、記事の一部を取り出したり改変しての転載を禁じます。
Copyright(C)2001 森山ひろゆき All rights reserved.
================================================
このマガジンは  まぐまぐ http://www.mag2.com
(ID 55347)を利用して発行しています。
=================================================

-【まぐまぐ!からのお知らせ】——————————————-
新入学・新入社でメールアドレスが変更になった方へ。メールマガジン登録ア
ドレスの一括変更は> http://cgi.mag2.com/cgi-bin/w/mag?id=728_040408
————————————————————————