ホーム > メールマガジン > 2004/03/14 No.148

2004/03/14 No.148

メールマガジン『21CENTURY PEACE MAKER 』 第148号

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
 ▲ 堺・大阪から世界を変える!!    △
  大阪府議会議員   森山ひろゆき
△   メールマガジン          ▲
     『21CENTURY PEACE MAKER 』
 ▼             第148号▽
  △▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
◆16日、総務常任委員会で発言予定◆
 順調に行けば16日火曜日、夕方4時もしくは5時
ごろから1時間程度、質問予定です。
「知事質問」は23日かな、と考えていますが
もともと堺市議会にはある「予算審査特別委員会」のない
大阪府議会では慎重に議論がすすめられるとのこと。
更にメインテーマだけでも予算、銀行税、鳥インフルエンザ
大阪府立大学の分割移転案など目白押し。
時間ずれたらごめんなさい。
※詳細は府議会事務局にお問い合わせを。
●つづく答弁調整●
 本会議で「代表質問(5人)」「一般質問(18人)」
が終わると16日からは「常任委員会」へ。
本会議後半からは「質問項目」を役所に出して
答弁調整が始まる。
・・・ということで今週は朝から晩まで「調整」の会議。
たくさんの「予定」が吹っ飛ぶ。反省。
項目を元に資料を請求、質問趣旨を森山が説明。
役所から「答弁案」をもってこられ、森山が
その内容や表現をチェック。
納得いくまで繰り返し、良いものが出来れば質問に。
決裂すれば調整を打ち切ってやるか、やらないかを選択。
市議会よりも「こまかな」調整があることと、
担当者がこのメルマガやホームページをチェックして
「森山の求めている答え」を予習しながら案をつくる
こまかさに驚く。
たしかに「調整」があれば時間のムダがなく委員会で
かみあった議論ができ、物事が進むという長所もある。
森山は「追及」は調整なし、「提案」は調整に応じる
というスタイルを続けている・・・が、ここまで
労力をかけるのは「やりすぎ」でもある。
鳥取県では「調整を一切しない」ガチンコ宣言。
これは知事の姿勢でもある。今後に期待。
●環境問題●
13日、堺市のゴミ焼却施設の余熱利用
スポーツセンター「のびやか健康館」の竣工式。
海や川の自然再生も各所で着々と提案や協働が
行われ始めている。
今や「環境問題」は次代に誇れる社会づくりの
ためにも「はずせない」行政課題だが、
市民がどれだけ「これまでの生活」からの転換を
すすめることができるか、が鍵。
その意味でも「参加・参画」が大事。
●卒業式●
卒業式シーズン。「府立」の学校からも招待状が
くるので参列する機会が増えたが、
「来賓だけが国歌を歌う」現状は変な感じがする。
私自身も高校を卒業するまでまともに「国歌」を
教えられたことも歌ったこともないのだが、
何らかの形で決着をつけなければワールドカップの
応援のために若者がカラオケボックスで国歌を覚える、
などという笑えない話になる。
どちらにせよ、大人の都合で「歌うことを強制される」
地域と「歌わないことを強制される」地域があるという
こと自体が、子どもに良い影響があるわけがない。
せめて「いいのか悪いのか」考える材料を与える
教育が欲しい。
また、卒業証書をもらって「ありがとう!」とアピール
する卒業生に、次の卒業生の名前を「静かにしなさい!」
のイントネーションでかぶせた教員、
「自分は悪くない」次の卒業生に失礼だと気分が悪かったが
やはりただひとり、「来賓席への礼」ができていなかった。
教育者としての資質を見極めて採用すべきだが、
その「目」をもつことは、難しい。
あくまでも「子どもの教育」を本分とする学校においては
個々人がどのような思想を持っていても
「大人の都合」で子どもを巻き込むようなことは
すべきではない。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
読者数:現在290人
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●編集:森山ひろゆき ●発行:森山ひろゆき
⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒
■森山ひろゆきHP(日々更新!「日経ゼロワン」でも紹介)

http://h-moriyama.jp

■森山ひろゆきメールマガジンへ
 ご意見・ご質問・ご感想はこちら:
hiromomo@osk3.3web.ne.jp
⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒
いただいたメールは許可なく投稿者をイニシャル表示して
掲載することがあります。
掲載を希望されない場合はその旨書き添えてください。
⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒
当レポートに掲載された記事は自由に転載・再配布できます。
但し、、記事の一部を取り出したり改変しての転載を禁じます。
Copyright(C)2001 森山ひろゆき All rights reserved.
================================================
このマガジンは  まぐまぐ http://www.mag2.com
(ID 55347)を利用して発行しています。
=================================================