ホーム > メールマガジン > 2003/11/09 No.132

2003/11/09 No.132

メールマガジン『21CENTURY PEACE MAKER 』 第132号

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
 ▲ 堺・大阪から世界を変える!!    △
  大阪府議会議員   森山ひろゆき
△   メールマガジン          ▲
     『21CENTURY PEACE MAKER 』
 ▼             第132号▽
  △▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
●衆議院議員選挙投票日●
本日は「衆議院議員選挙投票日」。
森山は朝から投票してきましたが、
午後8時まで、どうぞ「一票」を
大切にしてください!!
●シュタイナースクール●
6日の北海道庁視察(道内分権関係)に続き、
7日8日「北海道伊達市」にあるシュタイナースクール
「いずみの学校」見学。先生や保護者や子ども達と
お話しする。
実は、堺から転校している児童生徒の保護者から
お誘いを受けて訪問。
「シュタイナー」はオーストリアの哲学者で、
1919年「自由」「自立」の教育をめざして
学校を設立。芸術や体験やエポックによる
教科を超えた総合学習などに特徴がある・・・
くらいの予備知識しかなかったものの、
実際のこどもの「ノート」をみて、
「ノートが備忘録ではなくて作品」であることに
目からウロコがおちる思いだった。
知性、感性、体育などのバランスを重視する
とのこと。
教科書をつかわず、指導要領にあわない
「シュタイナースクール」は
日本の学校教育法では「学校」と認められず、
保護者と教師の自主運営となっている。
どうしても「シュタイナー」はヨーロッパの人なので
「日本型」のカリキュラム開発をするなどの課題は
まだまだあるものの、こういった「教育の多様性」が
不登校や「キレル」子どもなどの居場所づくりに
大きく貢献するのではないかという感想を持った。
今後、注目したい。
NPO法人いずみの学校

http://www.wicc.tv/izumi/

●浅野宮城県知事●
11月3日、グループホームの勉強会に来堺。
「改革派知事」としての原点、グループホーム
へのおもいと知事としての仕事。
「現場をしっかりとみること」
政治は、行政は、そこから始まる。
●秋●
秋は勉強会やイベントが多い。
この秋は「教育」「子ども」に関わる問題に
ついての勉強会や市民相談がつづいている。
「未来への責任」を訴えてきていることから、
かもしれない。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
読者数:現在295人
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●編集:森山ひろゆき ●発行:森山ひろゆき
⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒
■森山ひろゆきHP(日々更新!「日経ゼロワン」でも紹介)

http://h-moriyama.jp

■森山ひろゆきメールマガジンへ
 ご意見・ご質問・ご感想はこちら:
hiromomo@osk3.3web.ne.jp
⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒
いただいたメールは許可なく投稿者をイニシャル表示して
掲載することがあります。
掲載を希望されない場合はその旨書き添えてください。
⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒
当レポートに掲載された記事は自由に転載・再配布できます。
但し、、記事の一部を取り出したり改変しての転載を禁じます。
Copyright(C)2001 森山ひろゆき All rights reserved.
================================================
このマガジンは  まぐまぐ http://www.mag2.com
(ID 55347)を利用して発行しています。
=================================================