ホーム > メールマガジン > 2003/10/05 No.129

2003/10/05 No.129

メールマガジン『21CENTURY PEACE MAKER 』 第129号

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
 ▲ 堺・大阪から世界を変える!!    △
  大阪府議会議員   森山ひろゆき
△   メールマガジン          ▲
     『21CENTURY PEACE MAKER 』
 ▼             第129号▽
  △▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
★発言通告書<質問は7日午後>★
森山議長宛の「発言通告書」を3日に提出。
7日の午後2番目(ひとり持ち時間20分)
に一般質問で「初登壇」するため。
20項目からしぼっていって
「持続可能な大阪再生」をテーマに
▼府庁と府民の協同
・NPOの信用創造
・NPOの中間支援
・NPOとの協働のルール
▼行政の広域化~分権の受け皿づくり~
・大阪湾再生
・琵琶湖・淀川水系の水環境保全
▼未来への投資
・「大阪府健康福祉アクションプラン」
・LD児への対応
・府立大学
▼府民の安全保障
・地震初期対応
・食の安全・安心
・子どもの登下校中の安全
の各項目。
「打ち合わせ」が結構綿密。
1週間ほとんど府庁。
このときが一番情報交換しやすいため、
2年に一回の「一般質問」を活用!!
●府議会代表質問(10月1日~3日)●
府議会では5人以上の「交渉会派」に
「50分プラス人数×1分を5分単位で切り上げ」
を計算式に質問時間として割り当てている。
※答弁時間をいれると約倍の時間に!
本会議は13時から開会なので
1日目は自民党(神谷議員:1時間35分)だけ、
2日目は民主党(松田議員:1時間15分)
    公明党(野田議員:1時間15分)
3日目は共産党(宮原議員:1時間)
    無所属府民ク(坂本議員:1時間)
驚いたのは(?!)ほとんど全員が
「時間を使い切る」事。
市議会ではいわゆる「与党会派」が質問時間を
あまらせることが多く(どこでもそうらしい)、
森山はいつも少数会派で「時間がもったいない」と
感じていた…が「府議会は勉強熱心やで」という
先輩議員たちのことばにうなずいた瞬間。
質問内容については以下まで。   

http://www.pref.osaka.jp/gikai/situmon/index.html

●犯罪被害者支援●
4日、NPO法人大阪被害者支援アドボカシーセンター

http://www.h6.dion.ne.jp/~ovsac/

主催の「被害者支援市民講座」に参加。
今年から10月3日を「犯罪被害者の日」と定め、
より広く「国民に知らせてゆく」記念すべき年。
森山自身もテレビ記者時代から「被害者の心」は
あまりにも軽く扱われてしまっている、と感じてきた。
今後、具体的にとりくんでゆきたいと思う。
次回は11月29日(土)14時~
クレオ大阪西にて講演とパネルディスカッション。
参加費1500円、連絡は06-6872-0505。
●メガパフォーマンス●
3日、本会議終わりで東京へ。
開業すぐの「新幹線品川駅」を利用。
駅からすぐ出られて便利。
…しかし、ここ数年「東京の公共工事」が
だいぶ目立つようになってきた。
「都市再生」にむけては大阪も、
「大阪らしい、持続可能な開発」を!
大学の先輩でノンフィクション作家の
軍司貞則さんが仕掛け人の
NIPPON生涯いきいきメガパフォーマンス協会

http://megaper.net/

がNPO法人をとった記念パーティー。
これからはきっと「文化」の蓄積をする時期。
循環型のライフスタイルを!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
読者数:現在293人
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●編集:森山ひろゆき ●発行:森山ひろゆき
⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒
■森山ひろゆきHP(日々更新!「日経ゼロワン」でも紹介)

http://h-moriyama.jp

■森山ひろゆきメールマガジンへ
 ご意見・ご質問・ご感想はこちら:
hiromomo@osk3.3web.ne.jp
⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒
いただいたメールは許可なく投稿者をイニシャル表示して
掲載することがあります。
掲載を希望されない場合はその旨書き添えてください。
⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒
当レポートに掲載された記事は自由に転載・再配布できます。
但し、、記事の一部を取り出したり改変しての転載を禁じます。
Copyright(C)2001 森山ひろゆき All rights reserved.
================================================
このマガジンは  まぐまぐ http://www.mag2.com
(ID 55347)を利用して発行しています。
=================================================