ホーム > メールマガジン > 2002/07/01 No.080

2002/07/01 No.080

メールマガジン『21CENTURY PEACE MAKER 』 第80号

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
 ▲ 堺から世界を変える!!       △
       堺市議会議員森山ひろゆき
△   メールマガジン          ▲
     『21CENTURY PEACE MAKER 』
 ▼              第80号▽
  △▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
●NPO総会●
30日「W杯決勝戦直前」の時間に
私達のNPO・国際協力ネットワーク関西の総会。
1時間程度の総会と懇親会。
妻が理事長、私をはじめ近隣の市町議会議員が
それぞれ理事に入り、「政治とボランティアの壁」を
崩すという第一の実験は成功。
「自治体のカベ」が簡単に乗り越えられることも
学んでいる。
本来の活動目的「世界の子供たちの笑顔」のために、
さえ曲げられなければ、たくさんの人たちが関わる
ことで可能性が広がる。
NPOについては「事業報告と予算」という基本だが、
この予算・決算をできずにつぶれてゆくNPOが目立つ。
どうしても「現場」の好きな人が多いNPOの世界で
管理・会計部門は専門家というわけにはいかない場合もある。
※「関西高度専門職研究会」など、積極的に関わろうという
 専門家集団もあり。芽は出始めています。
「日本をNPO社会に」というにはまだまだ脆弱なセクター。
まずは税制優遇を制度化する中で
「金をどちら(税金か寄付)に払うか政府と勝負」
までいってこそ、人材や知識が組織的に動けるようになると
思う。
●マンスリーミーティング(29日)●
「毎月行う」から1年半、「会議室を借りる」から半年、
マンスリーミーティングも軌道に乗ってきた。
今回は「じばしん南大阪」(なかもず)。
立地は最高だが他の公共施設の会議室より賃料が高い。
そのためビジネス利用が多いようだった。
さて、内容は5月議会の顛末と「行財政見直し懇談会」。
28日の会議の時点で「全体像」と「全体的な改革手法」は
挙げられていたが、ここからが大事。
堺市の「現状分析」と「改革の優先順位」「期限」といった
戦略部分をこれから明確にしなければ現状追認するだけに
なってしまうし、これまでの行政がそのようなことを
繰り返して何十という「ビジョン」や「計画」が
山ずみになっていると指摘。
会場からは行政改革関係や南アフリカなど「外から見た日本」、
「地域通貨」などの話題がで、更なるネットワークに。
また今回は「なかもず」でのミーティング開催に先立ち
「東支所区域」中心に歩く。
南海高野線「白鷺」から「北野田」へのラインで、
旧「河内の国」に属すこの地域を実際隅々まで歩くのは
森山にとってもはじめてのことで、「雰囲気」「空気」が
わかる気がした(東区域は「支持者」が多くないのだ)。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
読者数:現在293人
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●編集:森山ひろゆき ●発行:森山ひろゆき
⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒
■森山ひろゆきHP(日々更新!「日経ゼロワン」でも紹介)

http://h-moriyama.jp

■森山ひろゆきメールマガジンへ
 ご意見・ご質問・ご感想はこちら:
moriyamahiroyuki@hotmail.com
⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒
いただいたメールは許可なく投稿者をイニシャル表示して
掲載することがあります。
掲載を希望されない場合はその旨書き添えてください。
⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒
当レポートに掲載された記事は自由に転載・再配布できます。
但し、記事の一部を取り出したり改変しての転載を禁じます。
Copyright(C)2001 森山ひろゆき All rights reserved.
================================================
このマガジンは  まぐまぐ http://www.mag2.com
(ID 55347)を利用して発行しています。
=================================================