ホーム > メールマガジン > 2002/06/24 No.079

2002/06/24 No.079

メールマガジン『21CENTURY PEACE MAKER 』 第79号

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
 ▲ 堺から世界を変える!!       △
       堺市議会議員森山ひろゆき
△   メールマガジン          ▲
     『21CENTURY PEACE MAKER 』
 ▼              第79号▽
  △▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
●5月議会閉会●
本日5月議会閉会。市長提案は原案通り可決。
議員提案の「堺市鉄軌道整備基金条例を廃止する条例」
は否決。
▼「鉄軌道整備基金条例」の件
今回の提案では「東西鉄軌道」のために積み立ててある
基金をやめて「介護保険の減免」などにつかうべき、
ということだったが10億円前後のお金を80万市民で
わけてもあっという間に使い果たしてしまう。
「鉄軌道がどうあるべきか」については今後継続の
可否も含めて議論をしてゆくべきだが、どうすれば
10億円が生きるか、対案をきっちりつめてすべき。
不況だからとりくずす、という提案の仕方に森山は反対。
▼「有事関連三法案」の慎重審議を求める意見書
これは当初「撤回」「廃案」というかたちで各種団体や
グループから案を提案されていた(全国的に)もの。
しかし地方議会の立場からはまず手続きとして
「自治体に説明不足」であることが基本的に問題で、
市長でさえよく説明を受けておらず、知事からの間接的
説明となっている状態では賛否さえ決められない。
まずは案を審議する権限をもつ国会が「慎重審議」する
ことを求める、という点で全会一致に。
森山は今回の法案の出し方や内容のあいまいさに
憤りを感じている。しっかりしてや、国会!で賛成。
●阪本順治監督●
22日、高校の同窓会総会にゲストで講演。
森山の13年先輩にあたる。※本日の朝日新聞朝刊に掲載。
今回森山は「総合司会」で「インタビュアー」ということで
事前にもう一度「阪本映画」をおさらいして臨む。
※「どついたるねん」「ビリケン」「トカレフ」「顔」など。
もちろん、最新作「KT」(現在公開中)も。
日韓ワールドカップ開催中に現職の韓国大統領の拉致事件を
テーマにした映画を公開ということで話題に。
森山も関西テレビでのディレクター経験から
少し技術的なことも含めて準備したものの、
監督の話の面白さと会場からの質問で、
インタビューはそこまでいたらず。
「常識はなくても良識のある人」
よい俳優の条件は?の答え。ニンゲンをしっかりみている
人のコトバだ、と感じる。
●後輩●
大学の後輩が「会社辞めました。政治家になります」と
堺へやってくる。
「まちを知ること」「ぜったい曲げない柱をつくること」
「判断を人に頼らないこと」「若さに甘えないこと」
「やすうけあいしないこと」
「だれに対しても態度を変えないこと」
10日ほど、活動の現場にともなって実際の姿を
みせながら自分が心がけている「注意点」をつたえる。
そして、自分を振り返りながら………
新たなる気持ちで日々の活動にむかってゆく。
がんばってゆきましょう!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
読者数:現在292人
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●編集:森山ひろゆき ●発行:森山ひろゆき
⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒
■森山ひろゆきHP(日々更新!「日経ゼロワン」でも紹介)

http://h-moriyama.jp

■森山ひろゆきメールマガジンへ
 ご意見・ご質問・ご感想はこちら:
moriyamahiroyuki@hotmail.com
⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒
いただいたメールは許可なく投稿者をイニシャル表示して
掲載することがあります。
掲載を希望されない場合はその旨書き添えてください。
⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒
当レポートに掲載された記事は自由に転載・再配布できます。
但し、記事の一部を取り出したり改変しての転載を禁じます。
Copyright(C)2001 森山ひろゆき All rights reserved.
================================================
このマガジンは  まぐまぐ http://www.mag2.com
(ID 55347)を利用して発行しています。
=================================================