ホーム > メールマガジン > 2002/02/26 No.067

2002/02/26 No.067

メールマガジン『21CENTURY PEACE MAKER 』 第67号

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
 ▲ 堺から世界を変える!!       △
       堺市議会議員森山ひろゆき
△   メールマガジン          ▲
     『21CENTURY PEACE MAKER 』
 ▼              第67号▽
  △▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
●LD先進市、堺●
今回、堺市では全国で初めて
LD(学習障害)児に関する説明パンフレットを
「全保護者」へ配布するという快挙。
森山がこの問題にとりくんで2年半、
保護者のみなさんの前向きな努力と
教育委員会の担当者の連係プレーによるもの。
「見た目」わかりにくいが「手助け」が必要な
LD・ADHDなどの軽度障害は周囲の理解が
あれば「良いところ」をのばすこともできるし、
無理解にさらされればスグに「いじめ」の
対象となる。
本当に腹立たしい事件が積み重なる中、
ひとつひとつに報復したりけじめをつけることを
おいてまでも「枠組み作り」のために奮闘してきた
こどもたちや保護者のみなさんの努力の結晶としての
「未来への贈り物」大切にしたい。
「だれもが可能性をひらき、輝く教育」
きれいごとはだれでもいえるが、本当にこれを
実現するには、本当の意味での相互理解が必要。
お互いが情報を共有して相手の立場を理解する。
人と人との関係の基本だが、福祉や教育だけでなく、
国際理解など、あらゆる場面でいえること。
●2月議会、開会。●
21日、2月議会が開会し、「平成14年度予算案」
の提案あり。
森山の「立風会(ひとり会派)」では
昨年末「予算要望」20項目(ホームページ参照)
提案しているが、15項目が「マル」「サンカク」で
5つが「バツ」として回答。
詳細はひとつひとつ点検しなければならないが、
「提案したかいがあった」数字ではある。
※予算概要はホームページにあります。
今回「税金のつかいみち」で最大の問題となりそうなのは
「水道料金の値上げ」と「国民健康保険料の値上げ」。
国の制度や受益者負担の問題など、行政なりの
理由はついているが、市民のための決断、
「市民にわかりやすい形」でなければならない。
3月28日の採決まで、精力的に議論したい。
自治体はこれまで予算中心主義でうごいているが、
実際「予算」は国の補助金などの関係もあり、
補正が何度も組まれるため、数字的に正確なのは
「決算」で、「こういう方向にすすみたい」という
方向を示すのが「予算」という感覚が森山にはある。
●小山内美江子さん「もろもろ受賞」を祝う会●
学生時代からカンボジア救援活動などでお世話に
なっている脚本家、小山内さんの会へ。
映像関係者、国際ボランティア、各界各層から参集。
「ニオイと温度を感じなさい」
テレビの映像をみて育った私には新鮮なアドバイス
だった。以後、カンボジアの報告をするとき、
テレビの記者時代の取材において、そして
「現場主義、行動派。」を掲げて議員となってからも
現場の雰囲気を伝えることに重心をおく
自分のスタンスのもとになっている。
●インフルエンザ●
妻と9ヶ月の長男が同時にインフルエンザ感染。
今年は「長引く」とのことで、我が家は咳でいっぱい。
「救急医療」の体制について議会でも問題になっているが、
子どもが熱を出すのは「夜か土日」が相場らしい。
前にこのメルマガでインフォームドコンセントの話を
書いたが、「専門家に相談できる窓口」がいつもある、
というのは「安心な生活」につながる、と実感。
●ルール●
ソルトレイクオリンピック閉会。今回強く感じたのは
「冬期五輪はカネのかかる競技が多い」こと。
そして競技者の多くが「先進国」の白人であること。
「平和の祭典」オリンピックでアメリカの正義が
声高に語られるなど、違和感を抱く場面が多かった。
なかでも、一番は「違反・メダル剥奪」が目立ったこと。
ルールに違反して失格・メダル剥奪。
選手団が審判団を訴える。
「夢」や「平和」からかけはなれた印象を受ける。
「ルールを守る」ことは競技をする上でも、
社会生活をおくる上でも、仕事をする上でも大切。
国際社会では国際テロと報復。
国会ではどちらかがウソをついている、と
貴重な審議時間をつかって参考人招致。
自治体の首長が次々汚職で逮捕され、
堺市選出の府議会議員が飲酒運転で起訴。
金融の分野でも雪印の事件でもマスコミの「やらせ」でも
消費者を裏切るかたちで「仕事のルール」を破り、
内部の利益を守るために組織が動く。
これでは「良い社会」ができるわけではない。
人と人が信頼関係を築くには、
情報を共有すると共にそれぞれが
倫理感をもって自分のするべきことを一生懸命
しなければならない。
まじめに生きる「なかま」を増やし、
明るい社会をつくってゆきたい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
読者数:現在287人
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●編集:森山ひろゆき ●発行:森山ひろゆき
⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒
■森山ひろゆきHP(日々更新!「日経ゼロワン」でも紹介)

http://h-moriyama.jp

■森山ひろゆきメールマガジンへ
 ご意見・ご質問・ご感想はこちら:
moriyamahiroyuki@hotmail.com
⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒
いただいたメールは許可なく投稿者をイニシャル表示して
掲載することがあります。
掲載を希望されない場合はその旨書き添えてください。
⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒
当レポートに掲載された記事は自由に転載・再配布できます。
但し、記事の一部を取り出したり改変しての転載を禁じます。
Copyright(C)2001 森山ひろゆき All rights reserved.
================================================
このマガジンは  まぐまぐ http://www.mag2.com
(ID 55347)を利用して発行しています。
=================================================