ホーム > メールマガジン > 2001/12/31 No.059

2001/12/31 No.059

メールマガジン『21CENTURY PEACE MAKER 』 第59号

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
 ▲ 堺から世界を変える!!       △
       堺市議会議員森山ひろゆき
△   メールマガジン          ▲
     『21CENTURY PEACE MAKER 』
 ▼              第59号▽
  △▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
●今年最後の「早朝配布」●
仕事納めの人が多い28日7時から8時半、
今年最後の「早朝配布」をなかもずで。
なかもずは「乗り換え駅」にあたるため、
朝のラッシュ時には10分ごとに「人でいっぱい」になる。
「痛勤」ともいわれるラッシュは日本の都市の病理。
森山も関西テレビで神戸支局の記者時代は
泉北から神戸まで1時間半かけて通勤していた。
体調が悪いときなど、
体力の半分を朝に消費するような気分になった。
小泉首相も「都市再生プラン」を掲げているが、
「通勤」の問題は大変大きい。
単に数字や量で「豊かさ」をはかる時代が過ぎ、
これからの「生活の豊かさ」を考えるとき、
都市のあり方は最重要課題の一つ。
●住宅開発の問題●
大阪府が30年前から開発した「泉北ニュータウン」
では、現在「大阪府企業局」のもっている土地を
元の計画とは違った形で売り続けている。
元医療用地、あるいは幼稚園用地として確保していた
土地が「宅地」として開発される例が増えている。
時代の流れで仕方ない部分もあるが、
「30年前の最先端の理論」でつくられたニュータウン
は現在オールドタウン化がすすむとともに
自治会活動にバラツがある、賃貸と持ち家、
ニュータウンと旧村の間に違和感があるなど、
まだまだ当初からの問題が解決されないままである。
「理論でまちをつくる」ことの限界を
身をもって示している部分が大きいと感じる。
これからは住民中心でホンモノのまちづくりへ!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
読者数:現在286人
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●編集:森山ひろゆき ●発行:森山ひろゆき
⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒
■森山ひろゆきHP(日々更新!「日経ゼロワン」でも紹介)

http://h-moriyama.jp

■森山ひろゆきメールマガジンへ
 ご意見・ご質問・ご感想はこちら:
moriyamahiroyuki@hotmail.com
⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒
いただいたメールは許可なく投稿者をイニシャル表示して
掲載することがあります。
掲載を希望されない場合はその旨書き添えてください。
⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒
当レポートに掲載された記事は自由に転載・再配布できます。
但し、記事の一部を取り出したり改変しての転載を禁じます。
Copyright(C)2001 森山ひろゆき All rights reserved.
================================================
このマガジンは  まぐまぐ http://www.mag2.com
(ID 55347)を利用して発行しています。
=================================================