ホーム > メールマガジン > 2001/12/24 No.057

2001/12/24 No.057

メールマガジン『21CENTURY PEACE MAKER 』 第57号

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
 ▲ 堺から世界を変える!!       △
       堺市議会議員森山ひろゆき
△   メールマガジン          ▲
     『21CENTURY PEACE MAKER 』
 ▼              第57号▽
  △▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
▼本会議、終了▼
21日、全ての案件を可決して閉会。
次回は1月16日(議運)から。
●クリスマスイブ●
12月24日、クリスマスイブ。
「日本人は無宗教」の象徴として自嘲気味に日本人の口から
でる例がこの日だが、今年は強烈に自分の視野の狭さを
反省させられる。
江戸時代うまれの私の曾祖母は近隣アジア諸国を除く
外国人をさして「アメリカさん」と呼んでいた。
子どもの頃、私は「外国はアメリカだけじゃないよ」と
学校で習ったばかりの国名をあげたりしていたものだ。
…しかし!!
「英語は国際語」といってはばからない風潮に対して
現在、中国語を話す人とどちらが多いか?将来は?
といった当然の疑問も解決せずに違和感なくすごしたり、
「元号は日本だけのものだから国際的な西暦をつかおう」
という主張に「イスラム暦」の話が全くでなかったり…
結局欧米を中心とした「アメリカさん」中心世界観に対して
友人が多くいるアジア中南米諸国・最近つきあいの増えてきた
アフリカ諸国もともに地球の未来を考えてゆこう!と
日常的に考えながらも自分や自分の社会で「イスラム」に
対する認識が余りにも低かったと反省。
去年読んだ村上龍著「希望の国のエクソダス」にも
日本に一番とおい場所の象徴として中東が描かれていた。
「クリスマスくらい祝ってもいいじゃないか」
確かにその通り。しかし、「祝うことの意味」を考えさせられる
2001年のクリスマス。
●パンづくりプロジェクト●
障害児が自分に応じた自己実現ができるように、
「ガチンコで勝負できるパン屋さんができないか」と模索中。
東京・銀座では一等地で勝負しているところがあり、
そのノウハウをもって大阪でも動きがあるという。
91年カンボジア以来お世話になっている小山内美江子さん脚本の
「3年B組金八先生」でも「人間はそれぞれ障害をもっている」
と先生が生徒に語りかけるシーンがあった。
医療が発達し、介護が充実してくる中で、生命・生活については
少しづつ改善してきた20世紀だったが、
「大量生産・大量消費」の産業構造の中で職業として位置の無い人が
「障害者」のレッテルをはられてきた。
「できることをやって社会に認められること」自己実現の
基本が満たされずにカネや施設があっても充分幸せとはいえない。
社会が変わる中で従来の偏差値秀才だけでは社会がもたない、
そんなときにこそ出番である。
●加藤シヅエさん、死去●
104歳。婦人参政権をはじめ、数々の改革を手がけてきた人。
心よりご冥福をおいのりします。
森山は学生時代からお話を伺い、「90歳すぎている」のに
凛とした雰囲気と語り口を保っておられることにまず感動を覚えた。
お話の中で特に印象に残っているのは「ピンクレター」のこと。
「いいことしたら、ほめてあげればいいのよ」で、政治家に
ピンクの便箋で「お褒めの手紙」を送っていたとのこと。
国会では「加藤先生のピンクレターをもらうこと」がひとつの
ステータスであったとか。
生きてゆく中でどうしても対決・追及しなければならない場面は多いが、
それと同じように結果を喜び、「褒め」、協力を強めるべき場面も多い。
日本人はシャイで「褒め言葉」も余り多くないと聞いたことがあるが、
つねに「ピンクレターの精神」をもって政治の、社会の改革を
推進してゆきたい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
読者数:現在284人
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●編集:森山ひろゆき ●発行:森山ひろゆき
⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒
■森山ひろゆきHP(日々更新!「日経ゼロワン」でも紹介)

http://h-moriyama.jp

■森山ひろゆきメールマガジンへ
 ご意見・ご質問・ご感想はこちら:
moriyamahiroyuki@hotmail.com
⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒
いただいたメールは許可なく投稿者をイニシャル表示して
掲載することがあります。
掲載を希望されない場合はその旨書き添えてください。
⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒
当レポートに掲載された記事は自由に転載・再配布できます。
但し、記事の一部を取り出したり改変しての転載を禁じます。
Copyright(C)2001 森山ひろゆき All rights reserved.
================================================
このマガジンは  まぐまぐ http://www.mag2.com
(ID 55347)を利用して発行しています。
=================================================