ホーム > メールマガジン > 2001/11/28 No.050

2001/11/28 No.050

メールマガジン『21CENTURY PEACE MAKER 』 第50号

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
 ▲ 堺から世界を変える!!       △
       堺市議会議員森山ひろゆき
△   メールマガジン          ▲
     『21CENTURY PEACE MAKER 』
 ▼              第50号▽
  △▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
●決算委員会終了●
21日、決算審査特別委委員会閉会。
共産党を除く賛成多数で可決。
⇒正式には12月本会議で採決となります。
※森山の質疑については順次HPに掲載。
3月に年度が終わり、6月に決算を閉鎖。
むかしなら「9月継続審議で11月決算」は
致し方ないスケジュールだったろうが、
これだけ電算化がすすんでいる現在、
「もっと早く」も可能だろう。
●22日から●
会議が終わるとそれまでできなかった「面会」が増加。
毎日数件から10件ていどの面会・電話&調査で
市役所があいているビジネスタイムはてんてこまい。
折角時間をつくってもらってお目にかかっても
常に「時間」に追われて沢山の方に失礼している。
基本的に「体育会系」育ちの私にしては特に
目上の方に失礼するのは本当に心苦しく思うが、
これも「80万都市」の政治家である以上、
仕方が無いのが現状。
たくさんの方から情報をいただいて市役所や他の官庁、
NGOやマスコミなどしかるべきところとつないでゆく
…「地域・日本・地球」の再生のための仕事をさせて
もらっていることを本当に感謝。
●掃除に学ぶ●
25日朝。
「農業祭(23日)」で行った大仙公園の平和塔前に集合。
「第35回さかい掃除に学ぶ会」に初参加。
何をするか…「公衆便所の掃除」。
これは現在全国レベルで広がっている運動で、
今回は1時間半、雑巾・タワシから紙やすり、
ドライバーまで使った徹底的な「掃除」を行った。
この会では毎月(この12月で3年)この活動を
続けている。
便器が本来の「白さ」を取り戻す過程の充実感は
心理学的にも心の健康のために大変良いという話を
きいたことがあるが、実感。
「便所掃除をすると美人になる」という古くからの
言い伝えもバカにできないようだ。
「できることから社会貢献」
という視点からも、地道な活動に敬意を表し、
これから参加していきたいと思う。(次回は12月23日)。
●本宮町長●
26日、友好都市の「和歌山県本宮町」視察。
目的は環境課税として注目をされている「森林交付税」
を十年前に提唱したまちの現在について、だが
議員出身の泉町長に時間を頂き、懇談することができた。
堺のような大きな町にいると市長は自分だけで選挙をたたかえず、
「政治家」というより「行政官」のイメージが強くなってしまうが、
泉町長はまぎれもなく「政治家」のカオをしている。
住民とふれあい、議会と協力し、自分の信じる政策を実現して行く、
そんなシンプルな「民主主義」が息づいているのを感じた。
議会で居た時と比べて単なる情報量だけでなく
「頂上で見える景色は違う」こと、
月に5回も東京へいかなければならないことをはじめ
町長会、和歌山県など「町外」での活動が多いこと、
一部の組織政党をのぞいてほとんどが「無所属議員」で
議会が構成されていること、
自分のまちに強い愛着をもった町民が多く存在すること…
などを語っていただいた。
現在NHKで放送中の朝の連続テレビ小説「はんまもん」を
最大限活用して観光に生かしているようすをみても、
森林交付税構想で「森を守ることが日本を守る、地球を守る」こと
につながることを強く意識しているようすをみても、
「自分達のまちの長所・短所」を見極めながらよいまちをつくりたい、
という気迫がつたわってきた。
4月に訪問したフィリピン・イフガオ州のテディバギラト知事が
「自分の場所で環境を守ってくれ」と語っていたことを思い出す。
これまでの「経済発展」一辺倒から「地球環境」「未来」を
軸にした地域づくりを競い合うことで地球全体が
よくなっていくようにしたい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
読者数:現在279人
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●編集:森山ひろゆき ●発行:森山ひろゆき
⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒
■森山ひろゆきHP(日々更新!「日経ゼロワン」でも紹介)

http://h-moriyama.jp

■森山ひろゆきメールマガジンへ
 ご意見・ご質問・ご感想はこちら:
moriyamahiroyuki@hotmail.com
⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒
いただいたメールは許可なく投稿者をイニシャル表示して
掲載することがあります。
掲載を希望されない場合はその旨書き添えてください。
⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒
当レポートに掲載された記事は自由に転載・再配布できます。
但し、記事の一部を取り出したり改変しての転載を禁じます。
Copyright(C)2001 森山ひろゆき All rights reserved.
================================================
このマガジンは  まぐまぐ http://www.mag2.com
(ID 55347)を利用して発行しています。
=================================================