ホーム > メールマガジン > 2001/07/16 No.033

2001/07/16 No.033

メールマガジン『21CENTURY PEACE MAKER 』 第33号

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
 ▲ 堺から世界を変える!!       △
       堺市議会議員森山ひろゆき
△   メールマガジン          ▲
     『21CENTURY PEACE MAKER 』
 ▼              第33号▽
  △▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
●参議院議員選挙はじまる●
7月29日の投票日に向けて「参議院議員選挙」突入。
選挙妨害になってはイカンので、森山の報告書配布は終了。
政党選挙の色合いの強いので、無所属の森山は今回特に
応援する候補がいないのが残念だが、とにかく、投票を!
「不在者投票」は当日遊びに行くという理由でもOK。
時間をみつけて、市役所へ!
●堺大魚夜市:31日●
700年の伝統を誇る「堺大魚夜市」。
例年の青年会議所主体ではなく、今年は「市民実行委員会」で
市民主体のまつりづくり。
文化・芸術・芸能・国際・環境・教育・福祉などあらゆる
「ボランティア」が力をあわせ、ホンモノの漁師さんたちも加わる。
全体の計画はかたまってきましたが、「当日ボランティア」大募集!
今年は当日ボランティア、来年は中心メンバー!!
そんな老若男女を募集中!
詳しくはホームページを。http://www.sakai-yoichi.com/
●全国若手市議会議員の会総会&研修会(9日~10日)●
現在日本には約3300市町村・47都道府県があり、
「地方議員」は全国に10万人を数えるとのこと。
この会はそのうち「35歳までに初当選した45歳までの議員」
(超党派)で構成される。
愛知・岐阜が会場で情報交換のほか田中康夫長野県知事の
講演会などあり。
今年は参院選挙前ということで「政党バリバリ」の参加者が
少なく、70人くらいの参加者で情報交換。
「市民のために働く」ということ。
「個別利益の実現ではなく全体のシステム改革に取り組む」こと。
若いという共通項だけでは内容が共通するわけではないが、
あたりまえの言葉が通じる議員が多いのがしがらみのない若い世代の特徴。
そして政治家を「子どものなりたい職業」へと押し上げるのが
私たち市民と接しながら現場で仕事をする政治家の役割。
●泉北そばうち同好会(14日)●
職人技である「そばうち」を素人にもさせてくれる会。
今回は「うどん」だったが、今相談を受けている
「障害児の親が安心して死ねる受け皿づくり」に
つなぎたい、と参加。
…食べてみて、納得。「添加物がない」食べ物がどれだけ美味いか!!
本当にいい出会いをいただいた。
子どもが体験学習する価値はあるし、開眼すれば「人生の目標」にだってなる。
「ゆとりの教育」で内容のない教科書を教えつづければ、
学校はさらに退屈な場所に。
職人さん、現場の人、ホンモノに触れる機会をつくって提供できなければ、
「学校」で個性化教育なんてできるわけがない。
インドでは「2桁×2桁」の掛け算を暗記しているという。
※インドは現在IT大国として優秀な技術者を輩出している。
その子にあった「英才教育」プログラムとこの社会で生きる最低限の
「マナーや基礎学力」の組み合わせでだれもが自分にあったプログラムを
選択できるようにすべき。
今堺でもおこなっている「教育ボランティア」を将来への布石にしたい。
●包丁鍛冶のまちみてあるき(建築士会)●
炎天下、私の出身小学校区である「錦西校区」を建築士、
地元の人がいっしょにみてあるく。
環濠都市・自治都市の面影は薄いといわれる堺市だが、
この地区にはまだまだ往時をおもわせる趣が残る。
※今後、はなしあいを続けるとのこと。
寺や城を中心に発達したのではなく、町人が中心となって
自治都市を形成してきた歴史を思うとき、
21世紀のこのくにのあり方に大きな影響を与える思想を
このまちから発信できるのではないか?と身震いを感じる。
「夜市」でまつりを市民の手にとりもどし、
学校改革で教育を市民の手にとりもどし、
そして「まちづくり」を市民の手で成し遂げたとき、
新たな枠組みの政治・行政と市民の関係が構築できる。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
読者数:現在259人(16日未達削除)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●編集:森山ひろゆき ●発行:森山ひろゆき
⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒
■森山ひろゆきHP(日々更新!「日経ゼロワン」でも紹介)

http://h-moriyama.jp

■森山ひろゆきメールマガジンへ
 ご意見・ご質問・ご感想はこちら:
moriyamahiroyuki@hotmail.com
⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒
いただいたメールは許可なく投稿者をイニシャル表示して
掲載することがあります。
掲載を希望されない場合はその旨書き添えてください。
⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒
当レポートに掲載された記事は自由に転載・再配布できます。
但し、記事の一部を取り出したり改変しての転載を禁じます。
Copyright(C)2001 森山ひろゆき All rights reserved.
================================================
このマガジンは  まぐまぐ http://www.mag2.com
(ID 55347)を利用して発行しています。
=================================================