ホーム > メールマガジン > 2001/06/02 No.027

2001/06/02 No.027

メールマガジン『21CENTURY PEACE MAKER 』 第27号

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
 ▲ 堺から世界を変える!!       △
       堺市議会議員森山ひろゆき
△   メールマガジン          ▲
     『21CENTURY PEACE MAKER 』
 ▼              第27号▽
  △▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
●行財政改革特別委員会副委員長に!●
5月31日、本会議で議会各種役員を選出、
2週間にわたる「人事」が終了した。
森山は今年度
◇行財政特別委員会副委員長◇建設常任委員会委員
◇議会運営委員会委員◇泉州水防事務組合議会議員
◇堺市同和対策協議会委員◇堺市電子計算組織運営審議会委員
の6つの役職につくことになる。
特に「行財政改革」は当選以来一貫して取り組んできた問題だけに、
議論の場を設定する一翼を担う「副委員長」を意義のあるものとしたい。
●重度重複障害児シンポジウム●
26日、堺市内であったシンポジウムに出席。
福祉も教育も「システムのためのシステム」をやめて、
「可能性を探る、伸ばす」ための事業として根本から考え直すべき。
兵士や企業戦士をつくるためにできた「学校システム」
救貧の思想から始まった「福祉システム」
いずれも個人の人生を豊かにするためのものへと変更して行くことが大事。
「みんなちがってみんないい」
キレイゴトやスローガンではなく、お互いがお互いを必要とする
社会を築いてゆきたい。
●ホスピス●
29日、「堺でホスピスをつくりたい」と相談がある。
私も祖父がガンでなくなる時、苦しむ姿をみてきた。
「人間らしく死にたい」
欲求としては自然なものだが、
心のケアを宗教なしですることができるのか、
全国に70あるホスピスの実態を調査することに。
「自ら死ぬ選択をする」という選択が許されるべきか?
…生命を最高の価値としている中で
「治療をしない」という選択は余りにも、重い。
●育児休暇●
8日長男の「一ヶ月検診」がある。
森山は「市議会本会議」に出席する日。
「議員が育児休暇」は社会的にインパクトがあるだろうが、
病院に連れて行くならタクシーでもいける。
「母」と違って自分の検診も無い。
国際基準で「男も育児休暇」を21世紀のライフスタイルとして
ひろめることには是だが、今回は悩んでいる。
※ご意見募集中です!●第3期インターンシップ募集!●
「情報公開と行財政改革」をテーマに第3期インターンシップを開講します。
〆切は6月末日、詳細は森山事務所hiromomo@osk3.3web.ne.jpまで。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
読者数:現在242人
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●編集:森山ひろゆき ●発行:森山ひろゆき
⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒
■森山ひろゆきHP(日々更新!「日経ゼロワン」でも紹介)

http://h-moriyama.jp

■森山ひろゆきメールマガジンへ
 ご意見・ご質問・ご感想はこちら:
moriyamahiroyuki@hotmail.com
⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒
いただいたメールは許可なく投稿者をイニシャル表示して
掲載することがあります。
掲載を希望されない場合はその旨書き添えてください。
⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒
当レポートに掲載された記事は自由に転載・再配布できます。
但し、記事の一部を取り出したり改変しての転載を禁じます。
Copyright(C)2001 森山ひろゆき All rights reserved.
================================================
このマガジンは  まぐまぐ http://www.mag2.com
(ID 55347)を利用して発行しています。
=================================================