ホーム > メールマガジン > 2001/01/18 No.005

2001/01/18 No.005

メールマガジン『21CENTURY PEACE MAKER 』 第5号

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
 ▲ 堺から世界を変える!!       △
       堺市議会議員森山ひろゆき
△   メールマガジン          ▲
     『21CENTURY PEACE MAKER 』
 ▼              第5号 ▽
  △▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
●群馬視察(15日)●
 15日、前橋市のコミュニティバス検討委員会の
「住民参画」の手法について、と群馬県の「一郷一学運動」
「食農体験教育」について視察。
 
 「視察」といえば一昔前なら研究もそこそこに温泉で
ドンチャン騒ぎ、というイメージのつよかった「視察」だが、
今は委員会でそろって行ってもシティホテルのシングルに
宿泊し、最低2箇所はまわるようにするなど、努力の跡がみえる。
 しかし、今回の視察は調査研究費をオーバーする分、自費で
補填しての移動。
新年のあいさつを兼ね、妻の実家に泊り込んでの節約日程である。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 コミュニティバスは「市民のニーズ」をしっかり把握するため、
ルート案まで市民主導で提言。
 堺市でも今年各支所でバスの実験をしているが、やはり
ニーズを捉えられていないように感じる。
バス事業者免許も来年から自由化される。
21世紀型交通政策を考える上で議論のシステムは大切。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「一郷一学運動」は地域ごとに文化でまちおこしをしよう、
というもので小寺群馬県知事が全国市町村会で提言。
業者発注を止めてボランティアに助成する「クリーン作戦」、
小学校区を一定の自治区と考えて予算をつける事を検討する、
といった21世紀型のまちづくりの一環。
20世紀「一村一品」の運動がもてはやされたが、
時代は「モノからココロ」へとうつってきている。
注目すべき試みである。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そして「食農教育」は農業体験学習を全校で実施しようという
意欲的なとりくみ。
農業委員や研究所の研究員など「農業の専門家」が学校に入り込む
ことがミソ。
堺市でもO157事件以来「食教育」の重要性が叫ばれているが、
食とは何か、さえわかっていない(教育学部の講義には
「給食」がないという)教員がおっかなびっくり、ではなく
専門家がしっかり教えるというのはスジがとおっている。
都会ほど「食」の教育は重要。
特にこれは緊急にとりくみたい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そして「視察項目」にはなかったが、
群馬県庁舎は32階だて(150M)。
堺の庁舎とは比べ物にならないほど大きいが、1階のロビーを
はじめ、たくさんのスペースが県民に開放されている。
最上階は午後9時までデートスポットとしても活用され、
31階には本格的な和食とカレーのレストラン。
「みんなでつかいましょう」の精神があらわれている。
これなら県民も納得するのでは?
堺の「2期庁舎」も、そんな雰囲気のあるものにしたい。
●「21世紀政策研究会」●
 13日、慶應義塾大学で開かれた研究発表会に参加。
当代一流の経済学者とそのゼミ生の発表と討論。
さまざまなカベが崩れてきている中、「新しいもの」を
模索しようと真剣に向き合っている学生たちが
こんなにいたか、とうれしくなる。
そういえばきょう17日には「政治家になりたい」
という高校生や、「HPをつかって政治や政策に関わりたい」
という大学生からメールがはいっていた。 
伊丹の人からは「たちむかう楽観主義」というコトバを頂いた。
そう、われわれ若者が「立ち向かう」ことで社会や世界が
変わって行く。
文句を言ったり、人のせいにしていても何もよくならない。
正面から問題にとりくもう、という仲間が増えるのは
うれしいことだ。
欧米やアジアで「大学生」といえばビックリするくらい
考え方の根本が定まっている。
甘えていてはとりのこされる。
去年埼玉大に留学していたセルビア人学生は
「大学生とは話ができない」と嘆いていた。
せっかく日本が好きで留学しても留学生同士しか
友人ができない、とは笑えないがよくきく話である。
がんばろう、日本人!
●妻が実家へ●
妻が実家で2週間過ごす。やっと安定期にはいり、
群馬県への移動ができるようになったから。
それにしても「政治家の妻」は大変である。
本人にいえないことでも「奥さん」にならいえる、という
感覚の人も多い。
本当に感謝!である。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
しかし、政治家は森山浩行本人。
よいことも、悪いことも、提言も本人に言って欲しい。
ただし「匿名での中傷」や「デマ・ウソ・陰口」は
ルール違反。
大人の責任として、しっかり自覚して頂きたい。
森山はいつもあなたの声をまっています!━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
読者数:現在128人
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●編集:森山ひろゆき ●発行:森山ひろゆき
⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒
■森山ひろゆきHP(日々更新!「日経ゼロワン」でも紹介)

http://h-moriyama.jp

■森山ひろゆきメールマガジンへ
 ご意見・ご質問・ご感想はこちら:
moriyamahiroyuki@hotmail.com
⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒
いただいたメールは許可なく投稿者をイニシャル表示して
掲載することがあります。
掲載を希望されない場合はその旨書き添えてください。
⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒
当レポートに掲載された記事は自由に転載・再配布できます。
但し、記事の一部を取り出したり改変しての転載を禁じます。
Copyright(C)2001 森山ひろゆき All rights reserved.
================================================
このマガジンは 『 まぐまぐ(http://www.mag2.com/)』
(ID 55347)を利用して発行しています。
=================================================