ホーム > 活動ブログ > 「す」の森山 > 近畿島根県人会(11月3日)

近畿島根県人会(11月3日)

森山自身は「堺生まれ・堺育ち」で母方は代々堺で包丁鍛冶をしていますが、父方の祖父は島根県仁摩町宅野(現大田市)出身で、親戚を頼って「福助」に就職するために堺にやってきたと聞いています。今も墓参りに訪れます。

そんなご縁で「近畿島根県人会」の会員である私が、この会では本当によくしていただいています。

「ご縁を大切にすること」

その積み重ねが、「絆」や「ネットワーク」となり、従来型のピラミッド組織同士の争いから次のステップへ社会を変えてゆく原動力になると実感する昨今です。