ホーム > 活動ブログ > 「す」の森山, 一行日記 > 選挙運動最終日が、終了しました。

選挙運動最終日が、終了しました。

選挙運動最終日が、終了しました。

明日は投票日。いまの政治の流れを変えるために

棄権なきよう、また「森山」への投票をお願いします。

<1000回スポット演説、達成>

今回選挙で12日間で1000回を目指してスタートしましたが、本日午前、達成。

最終的に「1024」を数えました。

この件については読売新聞の本日夕刊にも掲載されました。

それぞれの家の近くまでお伺いして、演説と対話。多い時は日に100回。

「とにかく直接お声をきくこと」。政治活動の原点を再確認するような活動でした。

日に日に手ごたえも強くなってくるのがわかり、士気も大いに上がりました。

おつきあいいただいた街宣部隊のみなさんにも、心から感謝。

<最後のお訴え>

この選挙を通じてお訴えしたこと。

テーマ
「分厚い中間層の復活とがんばれば報われる、
がんばれない時は助け合う社会」
へ。

●子どもの貧困の問題

 6人に1人が貧困。格差が世代をこえてつたわる社会にしてはならない。

 チルドレンファーストの、社会へ。

●アベノミクスに継続の是非

 円安で物価が上がるのは確実なのに、成長は不確実で現在はマイナス成長。変えるべき。

●身を切る改革

 野田・安倍の党首討論で決めた「国会議員の定数削減」すすまず。

●自「公」政権の情報隠ぺい体質

 国会の場ではなく非公開の密室での会議が主となるため、政権運営の情報公開が少ない。