ホーム > 活動ブログ > 一行日記 > 遠里小野橋

遠里小野橋

本日の早朝配布は、府道30号線(通称13号)の遠里小野橋にてスタートしています!
「遠里小野(おりおの)」は現在、堺市と大阪市の両岸にあります。
、、、と、いうのも、江戸時代の大規模な「大和川つけかえ」工事で大和川の川筋がかわり、遠里小野が両岸に分かれたという歴史があるからなのです。
上流や今の大阪市内の洪水を激減したこの工事、上流では指揮をとった中甚兵衛さんサマサマですが、大和川の土砂で国際貿易港・堺の湊が浅くなった(当時は既に鎖国で国際貿易は禁止されていましたが)という堺と大阪、因縁の地名でもあります。
というわけで、大和川の地下には地下水脈が並行して走っていないのも、人工的に川筋を変更したからなのです。
秋晴れの朝、
きょうも元気モーリモリ‼︎!
行ってらっしゃい❗️