ホーム > 活動ブログ > 一行日記 > 水循環基本法

水循環基本法

8月1日の「水の日」を前に、シンポジウム「わが国の水政策の将来ー水循環基本計画の光と影ー」@東京・星陵会館。

わたしがライフワークと位置づけて1期目に事務局長としてたくさんの人々の思いをのせて案をまとめ上げた「水循環基本法」。わたしが前職となってからの昨年ようやく法律が成立し、今年ははじめての「基本計画」ができました。
「水の公共性」「河川の流域管理」「内閣官房に水循環政策本部を設置」などを定めた基本法の柱に基づき、今年からは数十にも渡る関連の個別法の改正がスタートするはずでしたが、なかなか法改正の進展が難しくなっているとも。
私自身も9つの府省や関連団体、国会各会派を巡って調整に明け暮れた日々を思い出しますが、きょうを再スタートの起点に、と望みますし、一刻も早く国会に戻ってやりかけの仕事に取り組まねば。と、あらためて誓っています。
 ※16時からは私もメンバーである水循環基本法フォローアップ委員会開催。