ホーム > 活動ブログ > 一行日記 > 民主党臨時党大会

民主党臨時党大会

本日は民主党臨時党大会。
岡田克也候補、決選投票で細野豪志候補を逆転して代表に就任。

安倍第三次内閣の支持率が御祝儀相場であるにもかかわらず微増であったこと含め、あらゆる力を結集して、政権を担う受け皿づくりを急がねばなりません。

長妻昭候補を加えた三人の候補が本格的に全国を巡り論戦する中での代表選挙。今回私自身は細野候補を推薦し、党員やサポーターに呼びかけましたが、きょうの訴えは三者とも「格差是正」「共生」そして民主的な党運営もふくめ民主党の原点といえるところに落ち着き、最終的に誰が選ばれても協力体制がつくれるところまできたこと、意義があったと感じています。あとは人事での適材適所です。

また、党の役職としての「総支部長」は次期衆議院議員候補予定者であると定められているため、今回の代表選挙で私は「党員としての一票」の権利しかありませんでしたが、現場を肌で感じるため、会場に赴きました。

あらためて、スタートです。