ホーム > 活動ブログ > 一行日記 > あれから19年

あれから19年

本日、1月17日。 阪神淡路大震災から、19年。
犠牲者、被災者のみなさんに思いを馳せる。
黙祷。

当時、東京で大学生だった私は卒業試験を終え2月に被災地入り。長田区役所前の公園で、ドラム缶風呂などで活動。
その年関西テレビに入社しました。 週末の活動などを続け、報道記者となってからは被災地取材や震災3年ドキュメンタリーのディレクターも務めました。
言葉にできない、おもい。
与党国会議員として関わった東日本大震災への対応でも、この時の現場感覚をもってあたりました。でも、まだまだ。
ひとりひとりが、いざという時に何ができるか、思いを馳せる日です。