ホーム > 活動ブログ > 一行日記 > 【長年の懸案】

【長年の懸案】


7月1日 「堺市立総合医療センター」津久野にオープン。

テレビ記者時代O157の取材は現・利晶の杜である移転直前の旧・堺市民病院でした。
新・市立堺病院として安井町交差点南側で10数年。今回の移転の目玉は何より「3次救急」施設のオープンにありました。
05年の市長選挙に出馬した時の私のマニフェストに「(大阪府内11医療圏の中で唯一堺だけにない)3次救急の整備」を掲げたこと、懐かしく思います。※「姉歯耐震偽装事件」の余波で耐震基準の強化があり、移転しないと3次救急の建設できない、という中での決断とのこと。

先日の堺市議会OB会(私は03年入会なので13年目になります)でも話題になるとともに、私が常日頃感じている「市長と国会議員の緊密な連携」が大事だ、と様々な党派の先輩方から同じ思いだ、と示唆をいただきました。

次期公認が決まって一ヶ月。
心して活動したいと思います。