ホーム > 活動ブログ > 一行日記 > 【谷本陽蔵先輩とお別れ】

【谷本陽蔵先輩とお別れ】

これまでずっとお世話になり、たくさんのことを教わった高校の大先輩「谷本陽蔵」さんのお別れの会。

空襲で疎開した高石で「つぼ市」を経営され、高石商工会議所の会頭などを歴任されながらも自ら「堺の商売人」や、という気概を持ってお茶や日本文化についてラジオ出演含め発信を続けていただきました。

晩年には大道筋沿いに和風の「喫茶店」を出店され、堺の新名所に。

ひっかかっている宿題。
「旧家にある文化財級の書画、茶道具。」何代にも渡る相続税がこわくて表に出せないものがあるのではないか、という問題提起。都市部では多くを戦禍や空襲で失っていても、歴史あるこの国にはもっと国民の目に触れるべき【宝】があるのでは?

、、、博物館や美術館で公開すれば相続税の免除など、制度設計は考えられる。「歴史と文化ある日本」の、誇り。

なんとか形にしたいと誓いました。

感謝とともに、ご冥福をお祈りします。