ホーム > 活動ブログ > 一行日記 > 【泣き相撲@萩原神社】

【泣き相撲@萩原神社】

まもなく、毎年恒例の「泣き相撲」スタート。
この日のために土俵を設営し、300名を数える赤ちゃん力士(去年の9月30日までの1年に生まれた赤ちゃん)を迎える萩原神社の宮司さんや神職さん、総代さんたちの熱意には、毎年のことながら、脱帽。
もともとはご近所の皆さんの参加でしたが、最近では他府県ナンバーの皆さんも多く訪れ賑わいます。基本は事前申し込み制ですが、当日飛び入りも受け付けていただけますので、該当の赤ちゃんのおられる親御さん、ぜひ。
「きのうなら大変やったけど」
きょうは少し肌寒いものの、無事開始できそうです。