ホーム > 活動ブログ > 一行日記 > 【八洲学園高等専修学校・卒業式】

【八洲学園高等専修学校・卒業式】

心から、おめでとうございます❗
今朝、「みんな違って、みんな良い」
を実践する八洲学園高等専修学校の卒業式。

「行きたい、と思える高校がない。」
15年近く前になりますが、堺市議当時、LD(学習障害)児や親の会と活動していた私のもとには、そんな声が多く寄せられていました。そんなとき、出逢ったこの学校なら行きたい、行かせてよかった、という喜びの声が、続々。

21人の卒業生のうち14人が精勤、皆勤。
よほど学校が楽しくなければこうはなりません。
そして当時から、谷口校長はじめ先生たちが継続しておられること。転勤のない私立ならではですが、これもやはり、大きな力になっています。

「居場所と出番のある社会」
私たちの政権で柱として取り組んだ社会イメージ。政権交代後、随分後退してしまっています。
効率を重視し、カネや数字を追いかける。そんな風潮の中で、居場所をなくす人がますます増えていると感じます。

あらためて、「みんな違って、みんな良い」。