ホーム > 活動ブログ > 一行日記 > 「外国人集住都市会議」

「外国人集住都市会議」

「外国人集住都市会議」が11月10日東京で開催されました。
移民国家になるべきか、どうか?ということは国政の大きな課題で、私も問題意識を持っているため、東京の会議に出向きました。
実態はすでに相当進んでいて、居住の現場である市町村では言語の問題から教育や子育て、就労、様々な問題を抱えながら取り組んでいることをあらためて、実感。
全国青年都道府県議会議員の会でご一緒だった末松鈴鹿市長、関西テレビの先輩の岡本伊賀市長らもメンバーとして事例報告・提言。
「多文化共生」がキーワードであることは間違いありませんが、きめ細かな対策が必要ですね。