ホーム > 活動ブログ > 国会雑感 > 堺市陳情活動(11月24日)

堺市陳情活動(11月24日)

国・政府に対する堺市の陳情活動の窓口は「民主党・市民連合堺市議会議員団(小郷一団長)」。普段はみずたに一雄幹事長や西てつし政調会長の東京出張が多いのですが、事業仕分けで対象となった「スーパー堤防」事業などについて緊急の陳情がある、とこの日はおごう団長自ら上京。副市長をはじめ堺市役所の面々と中川副幹事長・三井副大臣の面談を設定。「堺市は唯一、事業が進捗している」ことを訴え、全国の「予定だけの事業とは違う」と力説。

昨年は臨海部の「メガソーラー」事業について「半減」とされた予算を「全国のモデルケース」と力説し、全額の予算ですでにオープンしています。「きちんと議論すれば、一年生議員であってもきちんと予算が取れる」というのが前政権と違うという実感でもあります。