ホーム > 活動ブログ > 国会雑感

国会雑感

政治を「前へ」。

内閣委員会質問

2012年11月7日(水)内閣委員会にて森山浩行が質問致しました。

オレンジリボン(児童虐待)、パープルリボン(女性への暴力)、自殺対策、国家戦略としての海洋開発について。

森山の取り組みが前進!「小水力発電 設置を推進」

20121016_日経新聞

『小水力発電 設置を推進 用水路、許可不要に』

森山が取り組んできた「水」の問題。
今回、国土交通省が再生可能エネルビーである小水力発電導入を加速するために
規制を緩和したことが記事となりました。

政治改革・行政改革―信頼される政治・行政改革を実現します―

税金のムダ遣いをなくすため、民主党は政治改革・行政改革に取り組んでいます。
野田佳彦総理も「不退転の覚悟で臨む」と宣言。
政府と党が連携して不断の取り組みを行っています。
民主党が力を注ぐ政治改革・行政改革についてまとめてありますので
ご覧ください。

政治改革・行政改革

海賊対処・テロ防止特別委員会で質問しました!

8月23日 所属する海賊対処・テロ防止特別委員会にて質問をしました。

質問の様子は衆議院HPのビデオライブラリからご覧いただけます。

http://www.shugiintv.go.jp/jp/wmpdyna.asx?deli_id=41219&media_type=wb&lang=j&spkid=19866&time=01:17:53.0

7月29日内閣委員会で質問します!

29日(金)9時から15時30分まで予定されている内閣委員会にて、森山が質問を致します。

予定は9時から20分間です。質問概要は、首都機能代替問題と海洋基本法の二点です。ぜひともご覧ください!

衆議院のHPからインターネット中継でみることができます。http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php?ex=TD

過去のビデオライブラリを掲載しました。

2010年11月以前の国会審議テレビ ビデオライブラリ

2010年 10月27日 内閣委員会

2010年 5月18日 決算行政監視委員会第一分科会
2010年 5月18日 決算行政監視委員会第二分科会

2010年 4月16日 経済産業委員会

カタールへ1泊3日:トップセールスの露払い

(アジアカップ号外の記事。写真はハマド カタールサッカー協会長と。)

1月8日深夜関西空港発・11日深夜ドーハ発の「1泊3日」でカタール訪問。

昨年立ち上げた「民主党日本カタール友好議員連盟」で事務局長を拝命し、今回は時期も時期であり、国会議員私ひとり、日本側は在タール大使館で門司大使をはじめとするみなさんとともに行動し、休暇帰国中のビラール在日本カタール大使と打ち合わせながらの訪問。

世界一の産出量を誇る天然ガス・関西空港~ドーハの直行便などきわめて親日的で関係の深い国で、2022年FIFAワールドカップ開催を「アラブ初」で勝ち取った「今、もっとも勢いのある国」のひとつでもあります。これから5年でサッカー場10個以上を整備するなど「1000億ドル」という多額のインフラ投資を発表していることもあり、日本からの「トップセールス」の露払いとしての意識もあり、多くの関係者・トップと面談しました。

▼サッカー関係で・サッカー協会長・2022年ワールドカップ招致委員会CEO

▼政府・国会関係で・諮問評議会(日本の国会にあたる)副議長・都市計画開発庁長官

▼経済関係で・商工会議所(日本の経団連にあたる)副会頭・議員各氏

▼そのほか日本から進出している各企業の現地責任者のみなさん

40時間の滞在で目一杯の会談をさせていただき、次につなげるべく、しっかり握手をしてきました。(なお、森山の国会事務所には今回いただいた時計台の像など「金色のお土産」各種が飾ってあります)。http://www.raya.com/local/officialnews/Pages/2011-1-10-366.aspx

また、開催中のアジアカップ日本の緒戦(ヨルダンと引き分け)観戦や市場での食事、日本からプラント事業でラスラファンのガスプラントの建設事業でカタールで仕事をしている同級生と話すなど、少ない時間の中で公式日程以外でも「カタールの社会や暮らし」の一端を垣間見ることもできました。飛行機もエコノミークラスを利用して20万円あまりの「完全自腹」での出張でしたが、国益に向けて一歩を踏み出した実感もあり、充実したカタール訪問でした。

次回「トップセールス」につなげるべく、議員連盟としても運動します。

メコン5カ国との青年交流(12月15日)

茨城県議会議員選挙の応援体制に次ぐ民主党青年局事務局長としての仕事。メコン5カ国(タイ・ベトナム・カンボジア・ラオス・ミャンマー)の35歳以下の各界青年リーダー50名が来日。青年局の代議士10名前後の参加で、意見交換会では3つの分科会で白熱したトーク。夜の懇親会にも顔を出し、交流を深めました。

「来年はどこかで5カ国に訪問したい」

また、同じく青年局で受けた学生団体主催の「居酒屋I-vote(11月27日)」。各党の「青年議員」が出席し、学生達とグループにわかれて討論、という企画。しかし各党は・・・なかなか難しいようです。http://www.i-vote.jp/

警察視察(内閣委員会民主党有志・12月9日)

警察署・防犯カメラ・機動隊の視察。府議会時代は「府警本部」との議論でしたが、国会では「警察庁」。

今回は秋葉原の防犯カメラや交番、地元との協力体制を視察、機動隊では「隊員の昼食」を体験。

体感治安の悪化している昨今、警察の役割、市民との協働など、おおくの論点と必要性があります。