ホーム > 活動ブログ > 2016年2月

2016年2月

【おたび寄席】

【おたび寄席】
山之口商店街の、496回おたび寄席。
継続は力なり。500回は、目前です。

【金岡南校区・朝市!】

今朝は恒例・金岡南校区の朝市から。
なかもずダイエー前の会館で。
地元産のレモンと大根、ゲット。

【和歌山でロータリー地区大会】

今年は世界へのプレゼントになろう、をテーマに活動している「国際ロータリー第2460地区大会」が和歌山で開催されています。
きょうの記念講演・裏千家の千玄室大宗匠(元RI理事)講演「もっと世界をみつめ直ほそう」始まりました。
人権と平和、饑餓、ポリオ、、、世界の様々な問題について力強くお話いただいています。

【意見交換の土曜日】

朝からは民主党大阪府連の選挙対策委員会、常任幹事会。
午後は「森山浩行を育てる会」北区連絡会、堺区連絡会、東区連絡会。合間を縫って妻の大学ゼミの恩師福岡政行教授。
夕方からは萩原神社参集殿での座談会。

格差が広がり、全体の経済も下向いてきた経済政策。この対案は、格差が直撃する「親の年収と子どもの教育環境」の連鎖を断ち切る教育の無償化。社会保障制度改革を犠牲にしてまで導入を与党合意した新たな利権・軽減税率。出来の悪いまま専守防衛のラインをこえた安全保障法制。

「今の政権は悪い」とわかっていても「他に選択肢がない」というお声、この間本当に多くいただいてきましたが、ようやく新党結党へ第一歩を踏み出したところです。様々なご意見や示唆をいただき、前へ。

【早朝配布@北花田】

けさの早朝配布は、大阪市営地下鉄・御堂筋線の北花田駅一号出入口(交差点北東角)。
北西の二号出入口(セブンイレブン前)での演説が多いため、このポイントは久しぶり。横断歩道1つ渡るだけですが、通る方の顔ぶれも全く違います。
きょうの反応は、一貫して民主党の支持率が低い女性からの応援が多くなっていると感じます。無所属の頃は私も女性の応援が多かったのですが、どういうわけか民主党はいい時も悪い時も女性に不人気ですが、今回は潮目が変わりつつあることを感じます。

【バイオクラスター】

インテックス大阪で開催中の「メディカルジャパン2016」に関西広域連合が出展中。
政権当時、国際総合特区指定に向けて関西各府県、各政令市がそれぞれの提案をする中、関経連を事務局に関西広域連合でバイオで一本化し、指定を受けるのに奔走したことを思い出しながら、現場を見学しました。

【早朝配布@石津川】

今朝の早朝配布は、南海本線・石津川駅。
K先輩、私より早く到着して参加いただきましたm(__)m
実はこの駅「大阪17区の西区」にあるため、バッティングを避けるためにも頻繁に来ないのですが、堺区からの通勤者も多いため、たまにはこちらにもお邪魔しています。
内閣支持率が半分近くある中で4割近い人が「民主・維新の新党結成に期待」というのはかなり高い数字ですし、早朝配布活動の中でも期待値が上がっているのをひしひしと感じます。

【「ナポリの休日」】

ランチパスポート堺版で自宅最寄りの人気店、「ナポリの休日」へ。ランパスなしでもいつも賑わっている人気店なのに、ビュッフェで540円という設定。2時過ぎても多くのお客さんでした。

先日の堺駅南口の大阪産ビストロ「ビストロルシエル」さんに続いて、2店目。

拒否度

今朝の早朝配布は、中百舌鳥駅。
南海高野線・泉北高速鉄道線と大阪市営地下鉄御堂筋線の乗り換えのある、南口。

以前よりの主張ですが今月号で「あらためて、二大政党制へ〜国民にとって、もうひとつの実質的な選択肢を」と書いて訴えてきたことが、ようやく現実に動きつつあります。
政権交代後、下野して三年余。
政権時代のことも、その後の対応も含め、この間も「民主党」の拒否度がどんどん高まり、「公明党」さえも追い抜いてしまっている実感があります。子どもたちの未来に軸足をしっかりおいた改革政党として、あらためて仕切り直す必要性を訴えてきましたが、ようやく全体の動きになってきました。自分たちの自己満足ではなく、国民の選択肢となることを第一に、しっかりとした枠組みをつくりあげていきたいと思います。

【クウェート解放25年】

月曜日、来月の東京でのフォーラムの準備で上京し、「クウェート第55回建国記念日・第25回解放記念式典」に出席。
「日本は血も汗も流さずカネだけ出す」
当時、イラク侵攻に対する国際社会の対応へのクウェートの感謝広告に【日本】の名がなかったことが国際協力に関する白熱した国内議論につながりました。
学生だった私は「血は流さないが汗は流そう」と昭和5年組の先輩方が結成されたNGOでカンボジアの活動に参加し、これが現在の活動の原点になっています。

アブドゥル ラーマン アルオティビ大使をはじめ現職時代にお世話になったアラブ各国の大使や外交団の皆さんともお目にかかりました。
また、東日本大震災後のクウェートの協力を受けた内堀福島県知事、いわき海星高校のじゃんがら念仏踊り披露など、絆を感じるひとときでもありました。