ホーム > 活動ブログ > 2014年11月

2014年11月

2年前、党首討論での約束

30日土曜日。 野田佳彦前総理大臣が森山の応援で、堺に。 中百舌鳥駅ロータリーで
「増税の前に国会議員の身を切る改革として定数削減」二年前の党首討論で国民の前でした約束、夏までにやると文書まで交わしたがが裏切られたこと。」身勝手なこの間の経済・外交防衛など政権運営について訴え。
朝からは事務所スタッフなどを中心に、ご来賓を迎えて、山之口商店街近く、大小路通のウエダビルディングで事務所開き。
通常の政治活動はあと二日。フル回転です。

七道・北野田・白鷺・三国ヶ丘・金岡団地・山之口商店街

28日金曜日。 七道駅早朝配布からスタートし、各地で演説。
午前中は、福山哲郎・民主党政調会長が応援に。
夕方は、元「わらべ」で現在依存症の回復施設を専門家としてサポートされている高部知子さんも、応援に。
堺の各地を巡っています!

議論したいのに

11月27日の 早朝配布は南海高野線・北野田駅。
珍しいことに、北側一雄さんとバッティング。私は二階、北側さんは一階で演説。
・アベノミクスがなぜ失敗したのか
・集団的自衛権の解釈改憲について
・国会議員の定数削減や歳費カットなど、身を切る改革が手付かずであること
・子どもの貧困問題への取り組みが遅れていること
この二年間の政権運営についての見解を、私自身も聞きたいことがたくさんあります。
今回も、堺高石青年会議所さんから公開討論会の呼びかけがあります。私は前二回とも出席の返事をしましたが、北側さんの都合で流れています。今回こそ、しっかり議論したいと思います。

三国ヶ丘駅

11月26日の早朝配布は高野線&JR三国ヶ丘駅。また、雨。
また1日、面談や段取りとお訴え。たくさんのみなさんに助けていただいて、大量の物理的な準備や作業を進めています。
少しの時間でも結構です。
事務所にお手伝いにおいでください〜m(__)m

アベノミクスはもうええわ

今朝の早朝配布は、激しい雨の中、地下鉄御堂筋線・新金岡駅で。
私やご支援下さるみなさんはとっくに選挙モードで動いているものの、世間では、まだまだ。
ただ、「今までウチの会社だけがダメなのかと思っていたけれど、結局日本経済が悪いというのがホントだったんだ。」と、実感との違いに不安を抱いていた皆さんが徐々にアベノミクスはもうええわ、と評価・判断されてきたのを感じます。

勤労感謝の日

23日日曜日。
堺市三大祭りのトリである堺市農業祭(堺市は大阪一の農業市。恒例・もりもり汁、いただきました!)、福祉フェスティバル、歯科医師会の歯ッピー健康フェア、堺能楽会館での堺観世会などの合間を縫って街頭活動、準備や打ち合わせ、もともと決まっていた北区での座談会。
テレビの取材も入り、盛り上がってきました❗️

歴史や文化を大事にすること

22日土曜日は 解散後初の週末です。
南宗寺塔頭・本源院での左海大茶盛式。赤膚焼の巨大な茶碗でまわし飲み。1リットルはいただいたかと(^^;;
イベントまわりながら、演説を。写真は寺町で。「歴史や文化を大事にすること、根っこをしっかりもって絆を深めるまちづくりを」
堺で生まれ育った私が大事にしてきたことでもあります。
夜は、明治大学雄弁部OB会。
私にとって社会と向き合うことになった原点です。東京にとんぼ返りしてきました。

南海本線 堺駅

衆院解散の、朝。
二年前の解散日は衆議院議長公邸での朝食会がありました。歴史や伝統のお話を伺ったこと、覚えています。
さて、今朝は、南海本線堺駅・西口(ホテル側)ロータリーでの早朝配布と堺市倫理法人会の経営者モーニングセミナーから。
写真は郷土の大先輩・与謝野晶子の銅像。
きょうも元気モーリモリ‼︎! 駆け回っています。

衆院解散後第一声

11月21日衆院解散後第一声。
事務所最寄りの堺東駅で、午後5時半から。
わが大阪16区では、前回総選挙で維新が公明党候補を推薦する代わりに公明党が「大阪都構想」を応援する約束があり、公明党がこの約束を破ったということで維新の党が候補擁立を目指しています。三つ巴のたたかいが予想されます。
・失敗が明らかになったアベノミクスを継続するのか
・集団的自衛権で露呈した自「公」政権の歪み
・地元堺のありかた
などが問われます。

地下鉄 新金岡駅

19日の早朝配布は、地下鉄御堂筋線・新金岡駅で。
私が小学校入学時に住んでいた「一丁七番」の向かいの出入り口でした。
解散表明を受けて、通勤の皆さんも選挙モードです。
いわゆるアベノミクスがうまくいっていないことを政権自らが認めたことで、実感のない経済成長を信じさせられていた多くの方が「自分の実感が正しかった」ことに気づかれたようです。
「今度こそ、勝とう」
熱い応援いただいています。
マスコミは「大義なき解散」を報じていますが、安倍総理からは「経済政策の成果」を問いたいという意味のことばが聞こえました。
「(格差拡大しても)経済全体のパイが大きくなればいい」という考え方は、GDPのマイナス成長で前の政権より経済自体が縮小しているという現実の前で何を成果とされるのか、今後論戦となります。
20日の早朝配布(初芝駅)は解散に向けた準備で延期します。