ホーム > 活動ブログ > 2011年6月

2011年6月

●こんなことやってる場合じゃない●

本日野党提出の「内閣不信任決議案」の審議・採決。
森山の判断は「反対」です。

森山は党の震災ボランティア室で毎週ボランティアバスを被災地に派遣する、
また「茨城県担当」として被災地の声を国につないでいます。

原発事故後、小水力発電(水車など)の規制緩和に関わり「エネルギーの地産地消」
へ一歩すすみました。こどもたちの健康から被災地の学校でのいわゆる「20ミリシーベルト基準」
の引き下げ・避難の問題にも取り組んでいます。とにかくやるべきことが山積なのです。

被災地の復旧作業をどんどんすすめなければならないこの時期、
こんなことやってる場合じゃない!
が正直な思い。

もちろん政権運営や党運営には課題もありますし震災復興予算案や法案の審議など
「国会の機能」の遅れについても「延長拒否と審議拒否」に象徴される与野党双方
の執行部への注文があり超党派の中堅若手の会でも活動しています。

すべての政治家は国難のこの時期挙党・挙国で力を合わせて立ち向かうことこそ
優先すべきと考えます。

「不信任決議案は否決した上で党内の体制や方向性は党内で議論するべき」が森山の意見です。