ホーム > 活動ブログ > 2011年1月

2011年1月

ふれあい喫茶南八下

始発~終電まで終日マラソン街頭キャンペーン(堺駅)

本日は、毎月恒例の始発~終電まで終日マラソン街頭キャンペーンです。
南海本線堺駅頭にて、府政担当の藤田幸志さんと一緒にプレス民主(活動報告)をお配りしています。

カタールへ1泊3日:トップセールスの露払い

(アジアカップ号外の記事。写真はハマド カタールサッカー協会長と。)

1月8日深夜関西空港発・11日深夜ドーハ発の「1泊3日」でカタール訪問。

昨年立ち上げた「民主党日本カタール友好議員連盟」で事務局長を拝命し、今回は時期も時期であり、国会議員私ひとり、日本側は在タール大使館で門司大使をはじめとするみなさんとともに行動し、休暇帰国中のビラール在日本カタール大使と打ち合わせながらの訪問。

世界一の産出量を誇る天然ガス・関西空港~ドーハの直行便などきわめて親日的で関係の深い国で、2022年FIFAワールドカップ開催を「アラブ初」で勝ち取った「今、もっとも勢いのある国」のひとつでもあります。これから5年でサッカー場10個以上を整備するなど「1000億ドル」という多額のインフラ投資を発表していることもあり、日本からの「トップセールス」の露払いとしての意識もあり、多くの関係者・トップと面談しました。

▼サッカー関係で・サッカー協会長・2022年ワールドカップ招致委員会CEO

▼政府・国会関係で・諮問評議会(日本の国会にあたる)副議長・都市計画開発庁長官

▼経済関係で・商工会議所(日本の経団連にあたる)副会頭・議員各氏

▼そのほか日本から進出している各企業の現地責任者のみなさん

40時間の滞在で目一杯の会談をさせていただき、次につなげるべく、しっかり握手をしてきました。(なお、森山の国会事務所には今回いただいた時計台の像など「金色のお土産」各種が飾ってあります)。http://www.raya.com/local/officialnews/Pages/2011-1-10-366.aspx

また、開催中のアジアカップ日本の緒戦(ヨルダンと引き分け)観戦や市場での食事、日本からプラント事業でラスラファンのガスプラントの建設事業でカタールで仕事をしている同級生と話すなど、少ない時間の中で公式日程以外でも「カタールの社会や暮らし」の一端を垣間見ることもできました。飛行機もエコノミークラスを利用して20万円あまりの「完全自腹」での出張でしたが、国益に向けて一歩を踏み出した実感もあり、充実したカタール訪問でした。

次回「トップセールス」につなげるべく、議員連盟としても運動します。

百舌鳥駅早朝配布

カタールへ出発

1月8日夜中発で関空からカタールへ。

2022年ワールドカップが決定したカタールでは、1000億ドルもの公共事業が予定されています。

今回は、関西空港-ドーハの直行便があることから引き受けている           「民主党 日本カタール友好議員連盟」事務局長として、

関空から直行便でドーハへ

トップセールスの露払いとして渡航。要人との懇談を予定しています。

帰国は11日夕方。初めての本格的な議員外交。報告をお待ちください。

新年会&新年会

1月4日の堺市や大阪府の新年互礼会かスタートし、毎日数ヶ所の新年会に出席。

すでに「うさぎ年は景気がよくなる年」とのコメントを数十回伺いました。

みんなの願いは一緒ですね。

今年こそ、元気な年に!ともに頑張りましょう!!

なかもず駅早朝配布

JC新年年始交歓会

堺新年互礼会